競馬伝説を主にするはずのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある日記の復活報告(とあるにっきのリバイバル)

fc2.comが当局からの規制からを受けて数ヶ月、なんとか潜り抜ける方法を見つけました。
勢いそのままに同じく規制されていたTwitterとか始めるかもしれません。

こんにちは、セラト(西方塵詩)です。

日本、勝っちゃいましたね。
岡田監督に対して肯定的だった私としては勝利を手にする事自体は驚きに値しなかったですが、
松井の右サイド起用をやってのける度量と後半の今まで代表が経験した事のなかったであろうドン引きの最後30分。
これには意表を突かれました。

松井の右サイドの起用は恐らく弱点とされていた攻撃的な左サイドバックの選手との1対1に期待して
というもので、見事に采配は的中。
ゴールになったのはその松井がフェイントをかけてからのクロスに
本田のDFの背後に隠れる動きと大久保のDFを引きつける動きがうまく繋がったシーンでした。
なにより、あそこで落ち着いてられるのが本田の良さですね。

最後の三十分がトルシエがよくいう守りの文化、というやつなのでしょうか?
選手達は良く耐え抜いたなと。
守り切る意思を選手全員が確固に持っていれば、強烈なミドルシュートもバーに弾かれるっていうものですよね。

今日確認出来たのは
1.阿部のアンカーは機能する
2.遠藤復調
3.ドリブルで前に運べる選手が必要(今回は松井がその役割)
4.サイドバックが守備意識をちゃんと持てばそうそう抜かれる事は無い
5.高地はきつい
6.本田は前線でボールを収められる
7.交代選手の守備的役割が明確となっていた

こんな所ですかね。
次のオランダ戦は引き分け狙いであわよくばカウンターで一点という展開になるでしょう。
又どうやって疲労が溜まっている選手を休ませるか、という所もポイントになり
先発メンバーの選出には岡田監督は苦労するかもしれません。
というわけで提案。(見てる訳無(ry)
□□□□□□□玉田□□□□□□□矢野□□
□遠藤□長谷部□□□□□□中村憲□□□□
□□□□□□□□□稲本□□□□□□□□□
長友□□□□岩政□□□□今野□□□□内田
□□□□□□□□川島□□□□□□□□□□

守備的に行きたくカウンターで一点取りたいという考え、と選手を休ませたいという思い、この両方を達成する為にはこれで。

まず右サイド内田起用は駒野を休ませたい以上に、
一回マッチアップしてるという経験を考慮しての判断。
そんなに酷かった印象も無いですし。

今野岩政のセンターバックコンビは中澤田中を休ませたい、それだけです。

稲本は阿部の代わり。
中村憲の起用はカウンター時の高精度のパスを期待して。
そのパスに反応出来る選手は玉田と矢野。

選手交代は
矢野→中村俊
後半からは最終ラインが下がりつらくなると思われるので、フォワード一枚を下げてちゃんと守備ブロックを形成したいという考えから。
あとは前線への一本のパス、セットプレーに期待
稲本→阿部
この試合、アンカーは疲弊しそうなので60分ぐらいでの交代を望む。
内田→中澤
後半からはサイドバックの攻撃参加は叶わないと思われるので、なら一層センターバックを入れ今野をサイドバックにするという方が良いのではないかと。

次の二試合を引き分ければトーナメントに進めるので、岡田監督はそれを狙ってくると考えられます。
まぁなんにせよ結果出せば世論は傾くよっと。

ではこんなところでみなさんおつかれさまでした。
スポンサーサイト

とある特能の刺激薬品(とあるアビのドーピング)

とある馬主が一頭ウルトラタフがあると言いフリレで走らせてみると1000万下の馬が未勝利やんちゃに負けるという。

ドーピング、ヨクナイ。

こんばんは、セラト(西方塵詩)です。

今シーズンの期待馬~、とか出来ないのがこのブログの弱みの一つ。(他に何個あるかは(ry)
フェアウェイ系種牡馬を伸ばそうとブリガディアジェラドから頑張り5代目ぐらいまで繋いで
未だに遺伝B,瞬発・芝・ダがDってどういう仕打ちですかね。
「努力を評価してほしい」とは吉井明久。
「こんな運ゲーやってられっかよ」とは駄馬主。

それでもやってられちゃうのがこのゲームのよく分からない所。というよりは全てのネトゲに共通するのか?

競伝の広告!


ねぇ君たち、少し小銭稼いでみないかい? とは言っても2000円なんだけどさ。
凄いのは、ネトゲプレイするだけでお金が貰えるって事でね。凄いでしょ?ね、凄いでしょ??
条件?そんなのほとんど無いよ!ただOP勝てば良いだけなんだから余裕余裕。
え、もし出来なかったら?
それは君の能力不足ってだけだからさ^^ 課金すれば出来ない訳無いじゃん^^
課金いくらかって?1200円だけど、2ヶ月課金したらもうマイナスじゃないかって?
いやいやそんな、満足度100%のゲームなんだから400円でどうこう言わないの。
ほら、さっさと登録して銀行口座番号入力しちゃいなよ、ユー!

悪意の欠片なんて一つもナインデスヨ?
事実を少し崩しただけで嘘なんてついてないんだからね!

競伝の広告ちゃんとしたしこれでブログの役割は果たせた…と。

初春~~~~~~~~~~~~

超電磁砲が本編に戻って来ましたね。番外編の空気も好きでしたがやはり本編の方が。
ここら辺は2クールの難しさでしょうか。
内容は見てない方もいると思うので言いませんが、
22話についてはご都合主義的な感じがしちゃいましたね。
ポンポン話が上手く行き過ぎている。
作画が番外編から本編に戻ると共に格段に質が向上して良いのですがそこは少し残念。
番外編一話減らしても良かったような。
まぁとにかくOPのような戦いに期待。

今シーズン凄いなと思うのがれでぃ×ばと!
原作はしらないのですが多分そこまでのレベルでは無い。
そうなるとアニメ製作側の能力が問われる訳で、そこが非常にうまいなと。
とにかくテンポが良い。声優の能力もあるとは思いますが本当にポンポンと流れるように進む。
こういう作品で重い要素を入れると苦しくなるのですが、
キャラのコンプレックスであったりの要素を毎回一話で片付けているので良い印象が持てる。

時期尚早かもしれないですが来期視聴リスト
けいおん!!
Angel Beats !
荒川アンダーザブリッジ
B型H系
迷い猫オーバーラン!
WORKING!!
閃光のナイトレイド
四畳半神話大系
いちばんうしろの大魔王
書家
GIANT KILLING

一応期待順にはなってます。
多い、本当に多い。

続くデュラララ!!を入れたら12本…。
どのぐらい切る事になるのでしょうか。

ひとまずけいおん!!とAngel Beats!は既に良作は確定しているようなもの。切る事はまず無いでしょう。
荒川アンダーザブリッジも評判を聞く限り切る確率は低い…なんてったってシャフト。
閃光のナイトレイドはアニメノチカラ第2作目。ソ・ラ・ノ・ヲ・トが微妙な空気なのでどうでしょうか。
作品内容からは本気を感じるので期待はしているのですが。
迷い猫やWORKING!!は前情報ほとんど無しなのでなんとも。
後は安定しているノイタミナ枠の四畳半神話大系やSphereのいちばんうしろの大魔王
他はNHKのGIANT KILLINGやゆかりん主役のB型H系。未だに詳細が不明の書家。
充実してますね。

こんなところで。Angel Beats!は見て損は無いですよ。
そんなわけでみなさんおつかれさまでした。

こんばんは、西方塵詩(セラト)です。

先にもう本文の原稿書きあがってて書き足す元気がないので以下原稿そのまま。

韓国戦について。

まぁ1と2点目はなぁ…。
実質0-1の試合とも言えるのでしょうがまぁサッカー。

で、構図は
遅攻VS速攻
という非常に分かりやすいもの。
まぁ
クリーンVSラフとも言えますけど、敗者がそれに言及すると負け犬的なのでやめときましょうw


得点シーンを振り返ってみます。
日本の一点目
さすが韓国wwww
だったのでまぁスルー。PKの遠藤は安心してみれますよね。

韓国の一点目
あのPK判断は…しょうがないのかねぇ?結構今までの日本攻撃陣がスルーされた流れだと思うのですが。
韓国側は完全に狙ってたでしょうし、まぁ倒れ方も上手かったと言ってやるべきか…。

韓国の二点目
これは田中が抜けてポッカリと空いてしまったゾーンからのミドルシュート。
中沢に当たるという不運によってゴール。
田中のあれがレッドカード対象には見えないんですけどね。
逆に明らかに倒しにいってる韓国側にイエローの方が妥当じゃないの?
まぁ退場者出た時の対処というのは必要なものですがアンラッキーも重なってあれはしょうがないかと。。

韓国の三点目
これは唯一ちゃんと反省するべき点かと。
あの程度のドリブル、玉田でも余裕で出来るというレベルなのに何故二人がかりで行って抜かれる?
最悪ファールでも潰すべきだったシーン。
そこら辺の判断は守備をする事が久々だった為に鈍ってたのかもしれません。
あとオフサイドをセルフジャッジする事ほど危険な事は…。

攻撃面で少し言っておきますと
現状サイドを攻めるアイディアは見せたと思います、
まだ改善は必要でしょうが今の段階でここまで出来たらそこに限っては問題ないでしょう。
ただ、中盤にアイディアが無いと思うんです。(今のところ)
中村憲が不調というのもありますがそれ以上にコンセプトとして
「サイドに流してそこから勝負。」
分かってます、それが岡田監督の方針です。そして、これは実質練習試合です。
ただ。
1回でも良いからそれを破るプレーっていうのを見せてくれないかなと。
それが出来ているのって今のところ本田ぐらいかと…。
見てて面白く無いと言われる原因ってそこだと思うんですよ。
「あ、ボールとった遠藤に渡った、いつ長友上がってくるんだ?稲本に預けた、長友にパス、さぁここからどうする?」
大体定型文通り。まだ強化の時間はあるとはいえ、
あと4ヶ月というのを逆算すると間に合うのかという点は疑念があります。
そこで岡田監督に2つ提案。
一つ目
遠藤にもっと強引にプレーさせてはどうだろう?(唐突すぎるか)
彼はパサー、バランサーで留まるような選手では無いのはガンバ大阪でのポテンシャルを見れば分かります。
ドリブルもシュートも出来る。
そしてそれはカメルーン・オランダ・デンマークが相手だからと言って潰されるほどやわでは無い事は
彼の今までのプレー、マンチェスターユナイテッド監督ファーガソン、
前日本代表監督オシム他の評価が語っているでしょう。
彼を自由にする事で相当チームそのものがやりやすいものに成るのではないでしょうか。
ここ最近の日本代表が中村俊輔無しで機能しているのは遠藤のおかげと言ってなんら差障りはないでしょうし、
そのぐらい任せられる選手のサッカー知能を持った選手です。

二つ目
スピードに長けるサイドプレイヤーの再招集。もしくは現サイドバックのミッドフィルダー起用。
今のメンバー構成で速攻を出来るのか、というと正直難しいと思います。
そこで今からでも遅く無いはず
オプションとして安田理大・石川直弘・矢野貴章・乾貴士といったスピードに優れたサイドプレーヤー・ウインガー
もしくは内田長友のサイドハーフ起用です。
現在の日本代表に足りないのはサイドの専門家の存在であるのはメンバー表見てもらえれば分かると思います。
異様なまでにレジスタ・ボランチタイプが多い。そして彼らが実際優秀。
東アジア選手権に招集された選手の中でサイドMFと言えるのは玉田・大久保・香川・金崎。
玉田と大久保は中に入る傾向が強いのでカウントしないかもしれません。
ただ、小笠原・遠藤・中村・稲本というメンツに比べて大幅に劣るのは分かると思います。
それで玉田・大久保をカウントしないとなると香川・金崎のみ、という今回選出された選手だけになります。
(岡田監督もこの辺りは意図してたかと思います)
しかし監督の思惑通りの活躍とは言えなかった。
そこでさっき挙げた選手達を使う、
それか内田と長友を中盤に上げて阿部と駒野をサイドバックとして起用。
これでサイドからの攻撃力というのは倍増すると思っている。

というのは代表の攻撃のほとんどが遅い理由にサイドバックの上がりを待つから、
というのが大きくあると思うんですよ。
サイドバックがハーフラインを超えたら攻撃開始、という合図としてあるのか、というぐらいに。
このルール(仮定)は

サイドを崩す為に数的有利が必要
→数的有利を作る為にはサイドバックが必要
→ならサイドバックの上がりを待たなければ

という考えを元に作られたもののはず。
岡田監督は「連携」でサイドを崩そうとしていますよね。
ただ、それだけではさすがに厳しい。それは岡田監督も感じているのではないでしょうか。
そこでスピードスターの起用です。
彼らを使えばトゥリオ・稲本からのロングボール一本でチャンスを作ってくれます。
(今現在岡崎が担当してしまっている役割ですね)
岡崎はサイドMFとしての適正もそれなりに持っていると思いますが、本職はFW。
そして彼以外に点取り屋を任せられないのが現状。
もし彼にその役割を任せるなら2トップにする必要があり
その相方はスーパーサブとしてしか見られていない佐藤寿以外見当たらない。
そしてそして、特に安田は面白い存在になれるのでは無いかと期待している。
ガンバ大阪ではレギュラーを外され気味だが、
彼の思い切りの良さは皆が感じている「日本代表に足りていない何か」では無いだろうか。
彼は幸いサイドバック出身という事もあり守備も出来る。
キャラクターも面白く代表経験が既にありすぐフィットすると考えているんですが…
無理なアイディアではないでしょう?
    岡崎
     中村(本田)
安田 長谷部 遠藤
     稲本
長友 中沢 今野 内田
こんなのを見てみたい。両サイド均等になる必要なんて全く無いですし。
それか
      岡崎
 長友   本田(遠藤/中村) 内田
   稲本  遠藤(長谷部)  
 中田浩 中沢 田中 阿部

とにかく今の代表での稲本の働きの大きさは感心するものがあります。

今回の試合、冒頭で書いた通り実質0-1の試合と考えています。
日本と韓国、サッカーとしてどちらが上手だったかといえば日本でしょう。
ただ韓国が勝負に徹していた。
特にカウンターに関しては韓国から学ぶ事もあると思います。
例えば高い位置でボールをとったらすぐに玉田に預けてサイドに一回流れてドリブルで勝負、
そこから岡崎にスルーパスで一点。
こういう流れはメンバーを替えずに意識さえもてば能力的になんら難しい事なく出来るはずです。

セカンドボールを取られた事や球際の弱さを今のモチベーションの日本代表に求めるべきでは無いかと。
シーズン前で怪我をしたくないというのはプロ選手として当然ある心理ですし
ゴール決めた後の韓国選手達はなにか賭けてるような感じでしたし「絶対勝つんだ」というのがあった。
それに元々気性が荒いので危険なプレーをいくらでもやってくる。イエロー何枚出たよ?w
日本にはそこまでのものが無く、あくまで「優勝を目指す試合」という位置づけ。
そしてそこまで優勝する事に選手が固執はしていなかったでしょう。
試合後のコメントでも「改善していかなければ」というような趣旨が多く優勝出来なかった事は
ファンに申し訳ないです程度。
まったくこれで問題は感じませんしまだバーレーン戦という余裕を持ってテスト出来る試合がある。
何故そこまで勝利が求められるのか、分かりません。


それに選手が振り返ったように
問題点が今のうちに発見出来て良かった。
これが全てだと思いますがね。

本当に何故解任解任と叫ばれるのか、本当に理解不能です。

どうせ大半がサブメンバーを多く使って新戦力!って叫べばなんとも言わなくなるようなレベルなのに。
なんでサッカーに世論が必要かね?
ブラジルほどに皆がサッカーに詳しければともかく、
第一印象でしかものを言わない人、否定ありきの自称ファンがほとんどの国、
騒ぎ立てる事にしか能が無い低レベルのマスメディアばかりが存在する国に。

オランダ戦で日本は全く通用していなかったですか?
ある程度見れるものがあったでしょう?
「あとはゴール前のアイディア…出来るのか…?」
ぐらいまでには思ったでしょう?

今回の4連戦はそれを感覚的に戻せるかが問題であって、それを岡田監督の責任にするのはどう考えても違う。
香川や金崎といった選手を長時間試して欲しいという思いもありましたが、
まずどういうサッカーをするのか、というのを取り戻す事が先決です。
その上でいつものメンバーというのは間違ってないと思います。(大久保先発起用には私も反対しますが)
上で提案したのは「今までの事が出来た上での付け加え」としてであり、
いきなり出来ないというのは彼の判断でしょうし同意します。

それにしてもなんだろうね、この嫌な空気。
まず岡田否定、という所から入るこの世論。
ベスト4という大目標が格好の餌食になってるわけで、
それを思うと言わなくて良かったのかな~。
まぁベスト4はともかくグループリーグ突破するぐらいの力が日本にはあると信じてますよ。
突破したらそこから先は運頼みになるのはしょうがない。
ただ、そこまで最善を尽くせば決して無理な話ではない。

こんなかんじで、みなさんおつかれさまでした。

とある日本の音楽順位(とあるにほんのオリコン)

Silent Bibleがオリコンデイリーランキングで中々の順位に付けていますね。
タイアップ先が弱い中よくやりますよ、本当。

こんばんは、西方塵詩(セラト)です。

まぁ私が今ランキングに拘るのはテレビでの露出度に直結するから、ですね。
ネットをある程度使っている方なら「水樹奈々」という名前ぐらいは聞いた事があるでしょうし、
紅白でそれ以外の層からも認知させるようになりました。

しかし、これでは
「なんかの権力で出してもらった声優(笑)」
という印象がどうしても一部の残念な方々に持たれてしまうと思うんですよ。

そんなわけ
でここは一気に畳み掛けて日本の音楽界をリードする存在にまで成って欲しい…
そう願ってるんです。

それっぽい簡単なメロディを付けて若者受けする詩を書いて歌うだけで受けるような、
そんなJPop界を叩き潰して欲しい、と。
もちろんJPop全体がそうだとは言いません。
ただファンの傾向としていわいるスイーツと呼ばれる残念な感性を持った人間が増えてしまった(かなり主観的ですかね)
そしてそれをメディアが持ち上げてしまった。

もう…やめませんか?

前一回取り上げたeufoniusやI'veや5pb,水樹奈々を擁するElement Gardenといったサウンドクリエイター集団、明確なコンセプトを感じさせる茅原実里,新谷良子,川田まみ、他にもオーガニックPop marble,懐メロ系fripsideなど…

この中の誰か一人は誰しもが必ず気に入るはずです。

えっと、これ以上やると色々あれなので競伝の話。
バレンタインイベント来ましたね。
その前にあった挑戦状と「言う名」の拷問にクリアしたという1000人の廃人達は凄いですね…。
かくいう私は5枚だけでした。11倍集めるってどうやるの…?ホスト何百時間?w

で、今の「アーッ!」イベント。
やっぱり自分で回さないと出ないんですかね…?まだ千夏と(広島から浦和に移籍してACLに出れなくなった方では無い)柏木、通称ホモ、兄貴、私はホモクタクルとでも呼んでいますが、どうでもいいや
のレターが1枚分ずつしか…。
しかし、まだ何貰えるか分からないのが…ねぇ?
前、確か3周年の時「競馬伝説 Live!」のそれぞれの字がフリレで出るようになって、それでワンセット揃えるとかなり豪華なものが貰えたと記憶しています。多分あのイベントが無かったら私はこのゲームを続けてなかった、そのぐらい大きな意味のあったイベントだったのですが…。
更に、今新規を呼び込もうとかなり広告に力入れてるからそれぐらいはやった方が良いですよ…?ジークレスト様?
まぁ改変にも慣れてまだこのゲームはなんだかんだ好きなので頑張ってください
サッカーの話しようかと思いましたが、編集データが当局のアクセス一時制限で消えたので
韓国戦で試して欲しいフォーメーションだけ書いておきます。

  佐藤寿 平山
遠藤 中村憲 香川(金崎)
   稲本(今野)
長友 田中 中沢 内田

中村憲はサイドではやはり活きない。2列目の真ん中を担当させるべき。

稲本の1アンカーというシステムは南アフリカ戦でぶっつけの割に機能して、それから岡田監督の構想に入ってると思われるフォーメーション。
韓国という本気でやってくれる互角の相手にも通用するか見所。

あとは右サイドの香川起用。サイドプレイヤーというのは絶対必要になると思ってます。右サイドは特に人がいないので香川に期待。

他には遠藤の位置に玉田、中村の位置に遠藤という手もあるでしょう。
遠藤と稲本の縦の関係は良さそうですよね。

ではではみなさんおつかれさまでした。

とある代表の監督責任(とあるだいひょうのレスポンシビリティ)

まずオリックスの小瀬選手について。
楽天の情報を中心に見るので彼についてそこまで詳しくは知りませんでしたが
後半戦になるにつれ名前を良く見るようになってました。
動画で見た時にはヤクルトの青木選手や楽天の鉄平選手と
似た雰囲気を感じていただけに残念ですね。

こんばんは、西方塵詩(セラト)です。

野球はキャンプが始まりサッカーは国内合宿が終了し東アジア選手権。
キャンプについてはどうこう言う材料が無いのでスルーとしてサッカー。

えぇ、非難囂々ですね。岡田監督。

ただ、私は中国と引き分けた今でも楽観視しています。

その理由。
(1).高い位置で狭い範囲のダイレクトパスでの抜け出しが見られた。
これは今まで中盤では見られたのですが
ペナルティエリア内では無かったんですが、今日はそれがあった。
そこは評価するべきかと。

(2).サイドをえぐる機会が多かった。
右サイドバックに内田が入った事が大きかったとは思いますが
ベネズエラ戦から大きく改善された点ですね。
稲本選手からのロングパスでかなり惜しいシーンがあったり
岡崎選手は2回ほど突破して大きなチャンスを作っていたと
記憶しています。長友と玉田による(1)の動きも見られましたし。

(3).CB攻撃参加のチーム戦略化。
今まではトゥリオが単純に上がるシーンが見られましたが
(それも十分迫力ありますが)
今回は中沢も結構頻繁に上がっていましたよね。
それで動きを見ると必ずサイドにいた。今回については
プレイの精度という点では全くでしたが…。この点は
岡田監督が今後どのようにCBの上がりを使うのか、見物ですね。

(4).ミドルシュート制限下での攻略。
ベネズエラ、中国戦でのミドルシュートって言うと
小笠原の一本しか無かったですよね?
何が言いたいってそれだけチームコンセプトに対する意識の高さ
を持ってるんですよね。(ミドルシュートの有用性については岡田監督も十分理解していると思います)
上で言及したサイドからの崩し、
これを出来る限り実行しようとしてる。
(まだそのクオリティが十分高いとは言えませんが)

(5).ファールを多く貰えていた。
これは岡田監督が玉田選手を起用する一つの理由だと思っています。
彼がつっかける度にファールを貰えていた、そのぐらいだったかと。
セットプレーが日本の武器というのは事実ですから、
ファールを貰えたというのは評価ポイントだと考えています。
(相手関係を考える必要もありますが)

まぁこんなところです。

ベネズエラ、中国戦と攻撃的MFに得点を獲れるタイプのプレイヤーを
起用してないので
スコアレスドローという結果は岡田監督も予想範囲だと思います。

それぞれ出場選手について簡単な評価。(Out of 10)

GK 楢崎 6.5
PK止めた、これが一番大きい要素。アジア相手だとそこまで危険にさらされる訳では無いので評価しづらいんですがね。W杯の正GKはほぼ確定か。

CB 中沢 5.0
特別守備面で不安を感じさせる事は無く、攻撃面の能力は改善の必要性が、という。
CB 田中 5.5
ロングボールは大きなターゲットがいない中良く上げていると思いますね。ただ、ペナルティエリア近くでのファウルは出来るだけ避けたい。

SB 内田 6.5
稲本からのロングボールでの大チャンス、あれは決めて欲しかったな。しかし復帰初戦にして攻撃面で徳永との差を見せつけたか。状態が上がって来た時は本当に楽しみ。(北京五輪を生で見た時唯一良い意味で浮いてた選手)

SB 長友 6.0
まずPK献上について。あぁいうプレーはある種事故なのでしょうがないといえばそうなんですが減点対象。ただ、攻撃面での活躍が著しかったのでこの得点です。

MF 稲本 5.5
随所に能力を感じさせてくれた。ただ、このままでは長谷部のバックアップか。

MF 遠藤 5.5
良いパフォーマンスは見せてくれていますし、パス供給という面で本当に日本の心臓と呼べるでしょう。ただ、G大阪で見せるようなもっと躍動的なプレーもしてほしいかな。

MF 中村 4.5
どのポディションでプレイしてたのか正直よくつかめなかった。

FW 大久保 5.0
ベネズエラ戦の後半のようなプレーを期待していたのですがあまり見られず。チャンスには絡みますが良い形でシュートを打ててないですよね。

FW 玉田 6.0
個人的に今回の試合で一番評価したい選手。ピッチのあらゆる所に顔を出し短い距離のドリブルで相手を慌てさせパスも上手い。カメルーン相手では最良のオプションになるのではないか。

FW 岡崎 5.0
サイド突破で良い形は作りました。それは評価するのですが、このメンバーだと一番得点を期待されている選手なわけで、それを考えるとすべきプレーは違うかなと思いました。

FW 平山 5.0
ベネズエラ戦では彼が入る事で流れが変わったのですが、今回それはありませんでしたね。
ボールを受ける能力はやはりさすがだな、と思いましたが、受けて出す相手が周りの意識とずれていたかなと。
フィットすれば絶対必要になる戦力だと思ってるので頑張って欲しいです。

FW 佐藤 4.5
5分で何かしろ、っていうほうが無茶なんですがね。特に何も無かったのでこの点数です。

MF 金崎 5.0
まだ恐がりながらプレーしているのかどうも抜けきらない。それが無くなれば大爆発する選手のような気もして…。

で、ここから批評に移ります(え?予想外?w)

上で少しだけ言いましたが岡崎がサイドに流れる事で点を獲る人間がいないんですよね。
玉田は色んな所に顔を出す、下がり気味で受けるタイプですし
大久保は本来ベネズエラ戦で見せたように左MFで活きる。
公式登録が4-4-2だったのか4-3-3だったのか知りませんが、意図せずに0トップ状態だったんじゃないかと。
これは勝つ気が有る無いの問題では無いと思います。(個人的には今は勝つ気が無くても良いと思ってる)
後半になって平山を入れる訳ですが、それで改善しない。
一回受けて戻す、その後にあるアイディアが「サイドに流してからその時考える」これしかないのでは無いかと。
もちろんサイドの攻撃がバラエティに富んできたのは事実でそこを使うのは良いのですがもう一回別のFWに当ててワンツー、とか色々日本代表の選手の能力から言えば岡田監督のコンセプトの上で出来ると思うんですよね。

少し話は飛びますがこういう時に良くでる話題、「俊輔がいたらどうなっていたか」という事なのですが
今回の試合について言えば彼が大久保の代わりに出ていれば大きく試合結果を変えていたと考えています。
というのは中村→岡崎という縦の関係がちゃんと出来るんですよね。
今回そういった点がかなり曖昧だった。
「サイド攻撃第一」
こればかりで(意図してかもしれないが)縦については特に考えてなかったんじゃないかな、と。
岡崎について言えば俊輔がいるから活かされると思います。
もちろんパス精度で近いレベルを持ってる選手はいますがサイドに張り続ける我慢が出来てパス能力が高い選手、となると彼ぐらいしかいないのかな、と。
ただ、現状の彼で輝きを見せられるかというと難しい気はしています。
開き直ってガンガン仕掛けていってほしいですね、彼はまだ通用すると思っています。まぁ思ってるだけですが…。

香港戦は今まで出場機会に恵まれていない選手が多く起用されるようなので、その選手達に思い切ったプレーを求めたいですね。
香川選手なんかに期待してます。

最後に言いますと、岡田監督の基本コンセプトは間違っていないと思います。
ただ、フォワードの選択にはもっと慎重になるべきではないでしょうか。
前田をもう一度、一度だけで良いから。

オマケ

  平山 佐藤

玉田      香川
遠藤 小笠原

今野 田中 中沢 阿部

香港戦予想フォーメーション。
こんなに守備的に行く必要、全く無いのですが、出場してない選手を使うとなるとこうなります。
強豪相手にはバックラインをCBが出来るこの4人にして香川と玉田の位置に内田、長友を起用する、なんていうのも面白いんじゃないかな、と考えてたり。

みなさんおつかれさまでした。

とある業界の流行到来(とあるせいゆうのムーブメント)

知ってる方も多いかと思いますが奈々様こと水樹奈々がPhantom Mindsで
声優史上初のオリコンシングル週間チャートでの1位獲得を達成。
ようやく、ようやく…ですね。

こんばんは、西方塵詩(セラト)です。

タイアップ先であるなのはを素直に薦められないのはあれなんですがw
曲の方向性はいつもと変わりませんね。The Element Gardenと言えるでしょう。
何よりアニソンSPで歌った時の上手さは尋常じゃなかった。
あれだけリズム感、高音、声量が求められる曲なのに完璧でしたね。
紅白での深愛より断然上手かった。

これから知名度が上がってテレビ出演とかになっても全く問題ないでしょう。
トーク面では単独ラジオを長くやってるわけですし、ルックスも大丈夫。
(バービー言うな、とw)

競伝について。
字が大きくなりましたね。それそのものは評価します。

……
………
フォント間違えただろ…w

一週間で慣れると思うので別に良いのですが、
せっかくあれだけ広告してるのに
初見者にとって見た目が良く無いもの作ってどうするとね…。
ニコニコ動画・Yahoo Japan・毎日(爆).jp
これだけネット界に君臨するサイト達に広告出しながら、
新規サーバーは埋まってるの?(本当は知らない、決して尋問ではありま(ry)

あと、イベントが鬼畜すぎやしませんか。。
全相馬5枚(=5000円)=5周年275枚(=?140時間)

丸々六日間働いて5000円です、しかもボッタクリ価格で。
本当にありがとうございました。
慣れてるから良いんですが
何度も言うように初見さんに対して見栄えが良く無いんですよ。
オンラインゲームでいきなり課金しようとはならないでしょう?
「無料でやって楽しかったからせっかくだから…」が普通でしょう?

「お前ら無料が全相馬手に入れるにはこのぐらいが妥当なんだよwwwさっさと課金して楽になれよ経済弱者どもwwww」

こんな声が東京都渋谷区道玄坂1-10-8 渋谷野村ビル2F
から聞こえて来ます。あれ、幻聴?

最後に、来月10日に水樹奈々がSilent Bible
3月24日に私が推してる新谷良子がシングル発売決定。
(ブログ公表のみでタイトルなど情報無し)

水樹奈々はどこまで登り詰められるでしょうか。
楽しみではあるのですが、テレビに下手な使い方されない事を切に願います。

では、みなさんおつかれさまでした。
プロフィール

セラト

Author:セラト
大井と中京でのこのこ活動してる輩のBlog

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。