競馬伝説を主にするはずのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは、西方塵詩(セラト)です。

先にもう本文の原稿書きあがってて書き足す元気がないので以下原稿そのまま。

韓国戦について。

まぁ1と2点目はなぁ…。
実質0-1の試合とも言えるのでしょうがまぁサッカー。

で、構図は
遅攻VS速攻
という非常に分かりやすいもの。
まぁ
クリーンVSラフとも言えますけど、敗者がそれに言及すると負け犬的なのでやめときましょうw


得点シーンを振り返ってみます。
日本の一点目
さすが韓国wwww
だったのでまぁスルー。PKの遠藤は安心してみれますよね。

韓国の一点目
あのPK判断は…しょうがないのかねぇ?結構今までの日本攻撃陣がスルーされた流れだと思うのですが。
韓国側は完全に狙ってたでしょうし、まぁ倒れ方も上手かったと言ってやるべきか…。

韓国の二点目
これは田中が抜けてポッカリと空いてしまったゾーンからのミドルシュート。
中沢に当たるという不運によってゴール。
田中のあれがレッドカード対象には見えないんですけどね。
逆に明らかに倒しにいってる韓国側にイエローの方が妥当じゃないの?
まぁ退場者出た時の対処というのは必要なものですがアンラッキーも重なってあれはしょうがないかと。。

韓国の三点目
これは唯一ちゃんと反省するべき点かと。
あの程度のドリブル、玉田でも余裕で出来るというレベルなのに何故二人がかりで行って抜かれる?
最悪ファールでも潰すべきだったシーン。
そこら辺の判断は守備をする事が久々だった為に鈍ってたのかもしれません。
あとオフサイドをセルフジャッジする事ほど危険な事は…。

攻撃面で少し言っておきますと
現状サイドを攻めるアイディアは見せたと思います、
まだ改善は必要でしょうが今の段階でここまで出来たらそこに限っては問題ないでしょう。
ただ、中盤にアイディアが無いと思うんです。(今のところ)
中村憲が不調というのもありますがそれ以上にコンセプトとして
「サイドに流してそこから勝負。」
分かってます、それが岡田監督の方針です。そして、これは実質練習試合です。
ただ。
1回でも良いからそれを破るプレーっていうのを見せてくれないかなと。
それが出来ているのって今のところ本田ぐらいかと…。
見てて面白く無いと言われる原因ってそこだと思うんですよ。
「あ、ボールとった遠藤に渡った、いつ長友上がってくるんだ?稲本に預けた、長友にパス、さぁここからどうする?」
大体定型文通り。まだ強化の時間はあるとはいえ、
あと4ヶ月というのを逆算すると間に合うのかという点は疑念があります。
そこで岡田監督に2つ提案。
一つ目
遠藤にもっと強引にプレーさせてはどうだろう?(唐突すぎるか)
彼はパサー、バランサーで留まるような選手では無いのはガンバ大阪でのポテンシャルを見れば分かります。
ドリブルもシュートも出来る。
そしてそれはカメルーン・オランダ・デンマークが相手だからと言って潰されるほどやわでは無い事は
彼の今までのプレー、マンチェスターユナイテッド監督ファーガソン、
前日本代表監督オシム他の評価が語っているでしょう。
彼を自由にする事で相当チームそのものがやりやすいものに成るのではないでしょうか。
ここ最近の日本代表が中村俊輔無しで機能しているのは遠藤のおかげと言ってなんら差障りはないでしょうし、
そのぐらい任せられる選手のサッカー知能を持った選手です。

二つ目
スピードに長けるサイドプレイヤーの再招集。もしくは現サイドバックのミッドフィルダー起用。
今のメンバー構成で速攻を出来るのか、というと正直難しいと思います。
そこで今からでも遅く無いはず
オプションとして安田理大・石川直弘・矢野貴章・乾貴士といったスピードに優れたサイドプレーヤー・ウインガー
もしくは内田長友のサイドハーフ起用です。
現在の日本代表に足りないのはサイドの専門家の存在であるのはメンバー表見てもらえれば分かると思います。
異様なまでにレジスタ・ボランチタイプが多い。そして彼らが実際優秀。
東アジア選手権に招集された選手の中でサイドMFと言えるのは玉田・大久保・香川・金崎。
玉田と大久保は中に入る傾向が強いのでカウントしないかもしれません。
ただ、小笠原・遠藤・中村・稲本というメンツに比べて大幅に劣るのは分かると思います。
それで玉田・大久保をカウントしないとなると香川・金崎のみ、という今回選出された選手だけになります。
(岡田監督もこの辺りは意図してたかと思います)
しかし監督の思惑通りの活躍とは言えなかった。
そこでさっき挙げた選手達を使う、
それか内田と長友を中盤に上げて阿部と駒野をサイドバックとして起用。
これでサイドからの攻撃力というのは倍増すると思っている。

というのは代表の攻撃のほとんどが遅い理由にサイドバックの上がりを待つから、
というのが大きくあると思うんですよ。
サイドバックがハーフラインを超えたら攻撃開始、という合図としてあるのか、というぐらいに。
このルール(仮定)は

サイドを崩す為に数的有利が必要
→数的有利を作る為にはサイドバックが必要
→ならサイドバックの上がりを待たなければ

という考えを元に作られたもののはず。
岡田監督は「連携」でサイドを崩そうとしていますよね。
ただ、それだけではさすがに厳しい。それは岡田監督も感じているのではないでしょうか。
そこでスピードスターの起用です。
彼らを使えばトゥリオ・稲本からのロングボール一本でチャンスを作ってくれます。
(今現在岡崎が担当してしまっている役割ですね)
岡崎はサイドMFとしての適正もそれなりに持っていると思いますが、本職はFW。
そして彼以外に点取り屋を任せられないのが現状。
もし彼にその役割を任せるなら2トップにする必要があり
その相方はスーパーサブとしてしか見られていない佐藤寿以外見当たらない。
そしてそして、特に安田は面白い存在になれるのでは無いかと期待している。
ガンバ大阪ではレギュラーを外され気味だが、
彼の思い切りの良さは皆が感じている「日本代表に足りていない何か」では無いだろうか。
彼は幸いサイドバック出身という事もあり守備も出来る。
キャラクターも面白く代表経験が既にありすぐフィットすると考えているんですが…
無理なアイディアではないでしょう?
    岡崎
     中村(本田)
安田 長谷部 遠藤
     稲本
長友 中沢 今野 内田
こんなのを見てみたい。両サイド均等になる必要なんて全く無いですし。
それか
      岡崎
 長友   本田(遠藤/中村) 内田
   稲本  遠藤(長谷部)  
 中田浩 中沢 田中 阿部

とにかく今の代表での稲本の働きの大きさは感心するものがあります。

今回の試合、冒頭で書いた通り実質0-1の試合と考えています。
日本と韓国、サッカーとしてどちらが上手だったかといえば日本でしょう。
ただ韓国が勝負に徹していた。
特にカウンターに関しては韓国から学ぶ事もあると思います。
例えば高い位置でボールをとったらすぐに玉田に預けてサイドに一回流れてドリブルで勝負、
そこから岡崎にスルーパスで一点。
こういう流れはメンバーを替えずに意識さえもてば能力的になんら難しい事なく出来るはずです。

セカンドボールを取られた事や球際の弱さを今のモチベーションの日本代表に求めるべきでは無いかと。
シーズン前で怪我をしたくないというのはプロ選手として当然ある心理ですし
ゴール決めた後の韓国選手達はなにか賭けてるような感じでしたし「絶対勝つんだ」というのがあった。
それに元々気性が荒いので危険なプレーをいくらでもやってくる。イエロー何枚出たよ?w
日本にはそこまでのものが無く、あくまで「優勝を目指す試合」という位置づけ。
そしてそこまで優勝する事に選手が固執はしていなかったでしょう。
試合後のコメントでも「改善していかなければ」というような趣旨が多く優勝出来なかった事は
ファンに申し訳ないです程度。
まったくこれで問題は感じませんしまだバーレーン戦という余裕を持ってテスト出来る試合がある。
何故そこまで勝利が求められるのか、分かりません。


それに選手が振り返ったように
問題点が今のうちに発見出来て良かった。
これが全てだと思いますがね。

本当に何故解任解任と叫ばれるのか、本当に理解不能です。

どうせ大半がサブメンバーを多く使って新戦力!って叫べばなんとも言わなくなるようなレベルなのに。
なんでサッカーに世論が必要かね?
ブラジルほどに皆がサッカーに詳しければともかく、
第一印象でしかものを言わない人、否定ありきの自称ファンがほとんどの国、
騒ぎ立てる事にしか能が無い低レベルのマスメディアばかりが存在する国に。

オランダ戦で日本は全く通用していなかったですか?
ある程度見れるものがあったでしょう?
「あとはゴール前のアイディア…出来るのか…?」
ぐらいまでには思ったでしょう?

今回の4連戦はそれを感覚的に戻せるかが問題であって、それを岡田監督の責任にするのはどう考えても違う。
香川や金崎といった選手を長時間試して欲しいという思いもありましたが、
まずどういうサッカーをするのか、というのを取り戻す事が先決です。
その上でいつものメンバーというのは間違ってないと思います。(大久保先発起用には私も反対しますが)
上で提案したのは「今までの事が出来た上での付け加え」としてであり、
いきなり出来ないというのは彼の判断でしょうし同意します。

それにしてもなんだろうね、この嫌な空気。
まず岡田否定、という所から入るこの世論。
ベスト4という大目標が格好の餌食になってるわけで、
それを思うと言わなくて良かったのかな~。
まぁベスト4はともかくグループリーグ突破するぐらいの力が日本にはあると信じてますよ。
突破したらそこから先は運頼みになるのはしょうがない。
ただ、そこまで最善を尽くせば決して無理な話ではない。

こんなかんじで、みなさんおつかれさまでした。
スポンサーサイト

とある冬期の新作開始(とあるとうきのレイティスト)

また、前回更新から一ヶ月以上、グーグル広告来ましたね…。
FC2さんの広告の設置場所は本当に上手いと思いますね。
「そろそろ更新したんじゃ…」
と思いアクセスした人が
「さぼりやがって…」
となったときに目に入る広告って普通の時よりクリックしてしまう気がします。

こんばんは、西方塵詩(セラト)です。

久々に競伝関係のネタをメインに持ってこようかと思い用意しました。
※以下は決して悪意を持って作成、及びキャプチャされたものではありません。
※サムネがモザイクっぽいのは仕様です。

シーシェパードと共に叫んだものは
シーチワワよ…。

革命へ導く羽(笑)
革命へ導く羽(キリッ
競伝の明日
これって競馬ゲームでは結構イイセンいってるんじゃね?www

お、玄関にノック‥こんな時間に誰だろう。


以上、競伝ネタでした。

で、本題(さっきの競伝メイン発言はどこへやら)

内容はちゃんとタイトルに即さないといけませんよね^^

で、2回目の視聴リスト(期待度順・秋期からの2期物含む)

とある科学の超電磁砲(漫画←ライトノベルのスピンオフ)
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト(オリジナル)
ひだまりスケッチ☆☆☆(4コマ漫画)
デュラララ!!(ライトノベル)
バカとテストと召喚獣(ライトノベル)
君に届け(漫画)
ダンスインザヴァンパイアバンド(漫画)

ひとまずこの予定です。

超電磁砲はこのブログのタイトルの付け方の元ネタですね。
秋から放送してる2期物。
制作はJ.C.STAFF。
とらドラ!やゼロ魔、ハヤテのごとく2期などを作った会社ですね。
映像クオリティ・プロット・雰囲気
この全てにおいて高いレベルでは無いでしょうか。
まぁ深夜だから出来る事も結構やってる訳ですが。
なにより「ジャッジメントですの!」

ソ・ラ・ノ・ヲ・トは始まる前にけいおん!キタコレ、
と言われて(未だに言われてるか)期待度は皆高いのに
素直に応援出来ない、という特徴を持った作品。
1話観た限り、個人的には凄く好みです。
背景画に力が入ってますし、カメラワークも面白い。
内容はこれからなので何とも言えませんが
かなり期待で来ます。
アニプレックスが社運かけてますからね。
ただ、かなたがどこまで唯なんだ、オイ。
音楽ダメダメで絶対音感所有者(それって自分の事でもあるですが)
突然出て来て「Dフラット」
確かに音はあってるんですけど(Bが混じって聞こえたり)どこまで唯だ。

ひだまりスケッチ☆☆☆はひだまりスケッチの3期ですね。
これだけまったりしたアニメってそうそう無いでしょう。
そしてそれであって全くグダグダ感を出さないのが
化物語・絶望先生・efシリーズのシャフトの力量、といった所です。
OPの一番最初の宮子が可愛過ぎて死にたくなるレベル。

デュラララ!!はライトノベル原作の池袋を舞台にした作品ですね。
制作会社がブレインズベースという、個人的最高傑作、紅を作った会社です。
そんなわけで絵柄が紅に近いです。
雰囲気も結構似てますし、かなり期待出来るのではないかと。

バカとテストと召喚獣もライトノベル原作、何より愛すべきバカ。
制作陣にシャフトのメインスタッフが入っているのが面白い。
1話見た限りどうかなぁ、
って感じですが今後の良化は期待出来るのではないでしょうか。
戦闘周りの改善が出来ればかなり良い作品でしょう。

君に届けは少女マンガ原作の秋からの2期物。
このマンガが凄い2009で女性部門1位獲得なので
まず女性に視聴を勧めておきます。
で、このブログの超大多数である男性陣へ、
能登かわいいよ能登したい方はもちろんの事、
ドラマではなし得ない純愛、それが君に届けにはある(キリッ
それは冗談にしても、本当に見てて快い作品ですね。
唯一の残念材料が実写映画化決定。

最後にダンスインザヴァンパイアバンドを。
シャフトは相変わらずやってくれるねぇ…。
初回で大胆な実験をしてくれるなぁ。
なにこの十年前程にありそうなバラエティ番組。
アニメの良いところってこういうのを
皮肉的目線で見れる所にあるとも思いますね。
何よりシャフトなので演出面に期待。

今期は比較的充実してると言えるのではないでしょうか。
楽しみです。なにより最初からネガティブな事言ってもしょうがないですしね。

では、みなさんおつかれさまでした。

ふんがー

リリカルマジカルがんばりますっ!(www

こんばんは、西方塵詩(セラト)です。
はっちゃけすぎました。
タイトルは以後の「真面目に始めなさいよっ!」に続く、というのは皆さんお気づきでしょう。

…分かるよ…ね。きっと、皆、うん…多分大丈夫だ。

私情を話すと、来週から学校が始まります。(あぁあのうざったい…((ぉぃ
また彼奴らと空間を共にするのか。。
良い人はいるんでしょうが、理解は到底出来たものではない。
皆幼稚すぎる。中二病どうこう以前のレベルで問題をかかえてる輩が多い。
そうじゃない人々と仲良くしたいわけですが、そやつらと関係0にする事は出来ない訳ですし、滅入ります。

…とても此の立場の人間が書く内容とは思えませんな、他の人なら
「外人は私たちと変わっていて面白い♪」
とか言ってるでしょう。(まぁ皆陰口ぐらい言ってるとは思いますがw
そうなると、ここは「陰口ブログ」になりますかね…
酷い、酷いよ、酷すぎるよ!

競伝の話。

何も無い…(ぇ
ってのは冗談で…
繁殖牝馬、今日はダンシングキイを取り上げようかと。
先ず言っておくと、私が好きな繁殖ですw
はっきりいって血統はかなり難しいと思います。なんと言ってもNDが濃いですしレイズアネイティヴも入ってる。
パラメーターもそこまで良いとは言えませんね…はっきりいって。
特にダートに主眼を置いている馬主さんにはダ適Dの時点でどうしようもない駄馬の烙印を捺されるでしょう。
…なんで私好きなんだろ。まぁニジンスキー系で芝適正がそこそこ、ってところでしょうか。

こんなところです。相変わらず内容薄うて申し訳ない…

みなさん、おつかれさまでした。

世間はDQで。

まず、昨日の記事の補足を少し。
言いたかった事は、セクレタリアトとの配合を考えるとき、
本来「母に対しての父」という考え方をすべきなのに
「父に対しての母」という考え方になってるんじゃないか、そんな感じです。
まぁ駄馬主ならではの思考回路ですねw

ふんがぁーこんばんは、西方塵詩(セラト)です。

戦ヴァル(戦場のヴァルキュリア)、面白いですよ?
PS3所持者の方には是非プレイしてもらいたいですね。アニメ化もしてますし。

一方のDragon Quest。DSを持っていない時点で終わりです。
それに今まで一回もDQシリーズはやった事ないですし。
というより、モンスターハンター、ファイナルファンタジーもやってないですし
同級生・世間で流行ったベイブレード、遊戯王、デュエルモンスターズ、ボケットモンスターetcetera...
最近ではデスノートやハリーポッターも回避してます。
週刊ジャンプもテニプリ以外全く知りませんし。
そんな訳で、趣味の合う同級生はあまり居ないですね(笑
私の趣味は…このブログに書いてある事が全部分かる人なら察せるかとw
「ひだまり壯でまってます」とかそのあたり。

競伝の話。

~大井~
もうじき1月1週が来ますねぇ…
今Sは少し中央・地方のレベルに慣れる事が出来たので、来Sは結果を出したいですね。
難しいですが…。

~中京~
OP挑戦…結果は書きませんw
レベル10まであとほんの少しなんですがねぇ。。。
早く繁殖11頭にしたいです(´・ω・)

ではではみなさん、おつかれさまでした。

けいでん!

タイトル見て、今日何の話するか察せた人、居ますかね?w
さて、今日は勿論けいおん!の話です。需要? そんなの関係ありません^^

けいおん!が終わって早2週間経過。ちょっと振り返ってみようと思います。

TV放映スタート前に原作を持っていた私としては、
まさかの大人気タイトルとなった、それがけいおん!。
原作はまぁ普通にくすっと笑える、可もなく不可もなくどこにでもある普通の4コマなんです。
そ れ な の に
京都アニメーション恐るべしッ。
ただの4コマをオリコンに旋風を巻き起こす作品に仕立ててしまうだなんて。。。
MステCDランキングを見て「なんだこれ、けいおん?」と思った方は多数居る事でしょう。

上はけいおん!のOpening themeとEnding themeで
Cagayake! GIRLS と Don't say "lazy" です。

本題に戻りますが、
間違いなくけいおん!は原作スペックから言えば本来人気になれなかった、
というかアニメ化の話も本来無かったはず。
では「なぜけいおん!は成功したのか」と問われると
なかなか明確な答えは見つからないのですが、
一つ言えるであろう事は「ネットの有効活用」です。

ここからは完全に視聴した方のみ対象の話になりますが…
「うんたん♪」「MMQ」「にゃ~」などの
あからさまなMAD素材を京アニは提供してたのは周知の通り。
もっと言えば、あのOPもパロディが作りやすいように編集されてますし。
そうした戦略の結果、ニコニコ動画は一時期けいおん!で埋め尽くされましたね。
特に1話での「うんたん♪」に対する反響は凄まじかったと記憶してます。

無理矢理まとめますが、アニメの知名度を上げるにはどうしても「面白さ」だけでは無理なんですね。
その要因として挙げられるのは「広告媒体の不足」や「アニメ本数の絶対的な多さ」
なのですが。
それらを解決する策としてけいおん!は、ネットコミュニティの活性化を促した訳です。
まぁもともと、京アニは涼宮ハルヒの憂鬱で似たような事をやっていますが、
ハルヒは原作がスニーカー大賞を獲る程内容が良かったんですね。
一方けいおん!は、「キャラが可愛い以外は…まぁ面白い?」な作品。
しかし、その差を無きとするが如く、京アニは今回も凄かった。

最後に、結局京アニを褒め讃える結果となってしまいましたが、私は京アニ信者ではないです(笑

あとがき:本当、何人が理解出来るんだ?このエントリー…w 
分かった人はコメント残すように(団長命令
プロフィール

セラト

Author:セラト
大井と中京でのこのこ活動してる輩のBlog

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。